忍者ブログ
写真で日々綴る、不連続な手紙
admin

2017.12.16 .Sat 00:53
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009.05.24 .Sun 00:12




私はおもちゃにつまづきながら、安楽椅子にダイブした。




まるで最初から自分は安楽椅子の一部だったかのような感じ。
つい先ほどまで座っていた自分の形に、クッションがへこんでいるのだ。
心なしか、クッションの温度が体温に近い。



安楽椅子は、ほしかったソファの代わりに置いたものだった。
あまりにもひどい柄だったので、上から手製のカバーをかけた。
慣れないミシンでまっすぐに縫っただけの、白とベージュのカバー。
初めての手芸店で聞きなれない布を大量に買って、店員が目を丸くしていた。



アートのことを書いた新聞記事を、かさかさに乾いたパンを食べながら読んだ。
テレビには、新進気鋭の映画監督によるアブストラクトムービー。
本当はアブストラクトなんかではなくて、わかる人にはわかるという類のもの、
あるいは、単に若ければわかるし、共感もできる映画だが、
結局私には、アブストラクトに見えていた。


アートも映画もわからない。
私がわかり得るものではなくなっていった。
そこにあるものの本質は変わらないのに、距離が変わった。
そう思った。
私が変質してしまった可能性は、まだまだ否定しておきたかった。



ソファを買う見通しは立たない。
先々を思うと息苦しくなる。



ピーナツバターに砂糖をふる。
私の舌は、小さなコインで買える安い味に慣れているのだ。
甘さが恋しかった。



双六の駒を、ずっと先の升目まで飛ばしてしまいたい気分。
途中の障害や課題を全部飛ばして、ぜんぜん違う次元へと。
ほんの少しでも、今とは違う誰かになれたら、と思った。









※このお話はフィクションです。



PR
Comment, please.
name
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback, please.
TB URL:
[659]  [658]  [657]  [656]  [655]  [654]  [653]  [652]  [651]  [650]  [649
テンプレート「beige relax」をお使いの方へ
テンプレートのご利用ありがとうございます。
リンクに不具合のある初期版をお使いの方、お手数ですが、再度DLをお願いいたします。
詳細は、こちらのブログに記してあります。→こちら
ご注意
当ブログの写真や文章は、特記しているもの以外はすべて管理人の著作物です。著作権は放棄しておりません。無断転載などはご遠慮ください。
個人的に楽しまれる以外に、お使いになりたいものがありましたら、contactなどから一言お願いいたします。
ブログ内検索
(c)Old entries of mauve All Rights Reserved.
当ブログ内の文章・画像等の無断転載を禁じます。
Template by Joe.
忍者ブログ [PR]