忍者ブログ
写真で日々綴る、不連続な手紙
admin

2017.12.16 .Sat 00:53
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007.05.25 .Fri 01:45

a39better.jpg

母の実家にて。

ここは、戦後、私の祖父が数人の手伝いと一緒に建てた(文字通り、自分の手で建てた)家だ。
さすがに戦後のままの姿というわけにはいかず、何度も手を加え、建て増しした家。


昔、孫たちが泳いだり、鯉を飼ったりしていた大きな池も、祖父が自ら掘った。
その鯉を狙ってやってきた大きな猫がいた。
人懐っこい猫で、その家の、最後の飼い猫になった。
思い出のつまった池も、今は枯れている。

決して洗練されているわけではないが、そこには重厚な家族の歴史が詰まっている。

a44.jpg


4月の終わりに、家族でそこを訪ねた。
ちびは、この家の住人にはよくなついたが、最後まで、この家を恐がっていた。
子供心に、人が長年住んだ住宅の威圧感を感じたのだろうか。

2つの写真は、その家の2階。
そこで育った兄弟姉妹のものを仕舞ってある部屋だ。
仕舞ってある というより、ちょっとしたディスプレイになって(1枚目)、私たちの目を楽しませたのは、
血のつながっていない叔母の計らいだろうか。

山野草の鉢を見ていたら、この机にかじりついて勉強していた幼い母は、
私の知っている母とはまったく違った、見知らぬ少女だ という気がしてきた。

さて、この部屋から、
昔、祖父母が私のために買っておいてくれたおままごとセットがでてきた。
これをもらった当時の私は、たぶん小学校低学年で、とうにおままごとを卒業していたはずだ。
このセットを与えたら、ちびは狂喜した。

そして、幼い頃の私も、ちびにとっては、まったく知らない少女なのだろう と思った。

PR
Comment from sami 2007.05.25(Fri)09:00 edit  reply
うわー!
すごいですね!
昔からの,歴史ある家って羨ましいです。家の親は引っ越しばかりだったから、懐かしい者はあんまりありません。でも父が撮ってくれた写真やスライドが宝物かな?

娘ちゃん嬉しそうに遊べるもの賀あって良かったですね。
やっぱり長い歴史ある家って、子供には,ビックリハウスの様な一種の
恐怖心と好奇心がいりまじったものを感じるのでしょうか?でも小学生位になったら、トトロの家みたいッて思ってくれるかもですよ。ではまた!
→samiさん from Joe. 2007.05.26 01:56
samiさん、こんばんわ*
歴史ある っていうとかっこいいですね(笑)。
雑多で楽しい家です。
血筋や遺伝だけでなく、雑多なものから読み起こせる自分のルーツって、おもしろいです。

トトロの家!
そうですね。そう思ってもらえるかもしれない!(笑)
商売をやってた家なので、未開封の贈答品(置物とかね)とかすごいんですよ。
Comment from chocolat URL 2007.05.26(Sat)23:11 edit  reply
とてもいいな~って思いました。
本文の内容もそうだし、写真も。
そこに生きてきた人たちの歴史がぎゅって詰まっているんだね。

そして、母親の娘時代というのは、娘からみたら、「まったく見知らぬ少女」なんだろうなっていう言葉が胸に残りました。
なんだかね、とてもじんとしたよ。
→chocolatさん from Joe. 2007.05.28 12:21
chocolatさん、こんにちわ(^^)
コメントバックが遅くなってごめんなさい!

chocolatさんに写真と本文、褒められてうれしいです。
本文は、いつもどう書くか悩んでいるので、尚更です。

といっても、これはエピソードありき、の写真だったので、
さほど悩まなかったのですが…

きっと何もないところに書こうとした文章よりも、
自然と湧いてきたようなものの方が、
読み手にもすっと浸透していいのだろうと思います。

>まったく見知らぬ少女

chocolatさんと、chocolatさんのお母さんの関係はどうでしょう?
どんな風に親近感を持ちますか?興味あります(^^)♪
Comment, please.
name
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
[125]  [124]  [123]  [122]  [121]  [120]  [119]  [118]  [117]  [116]  [115
テンプレート「beige relax」をお使いの方へ
テンプレートのご利用ありがとうございます。
リンクに不具合のある初期版をお使いの方、お手数ですが、再度DLをお願いいたします。
詳細は、こちらのブログに記してあります。→こちら
ご注意
当ブログの写真や文章は、特記しているもの以外はすべて管理人の著作物です。著作権は放棄しておりません。無断転載などはご遠慮ください。
個人的に楽しまれる以外に、お使いになりたいものがありましたら、contactなどから一言お願いいたします。
ブログ内検索
(c)Old entries of mauve All Rights Reserved.
当ブログ内の文章・画像等の無断転載を禁じます。
Template by Joe.
忍者ブログ [PR]